産経ニュース

「沖縄の負担軽減は最重要課題」 稲田朋美防衛相、稲嶺進名護市長らと会談

ニュース 政治

記事詳細

更新


「沖縄の負担軽減は最重要課題」 稲田朋美防衛相、稲嶺進名護市長らと会談

 沖縄本島北部の自治体首長らとの会談で、あいさつする稲田防衛相=24日午前、沖縄県名護市  沖縄本島北部の自治体首長らとの会談で、あいさつする稲田防衛相=24日午前、沖縄県名護市

 沖縄県を訪問中の稲田朋美防衛相は24日、米軍基地を抱える沖縄本島北部の自治体首長らと名護市で会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設や政府の基地負担軽減策への理解を求めた。冒頭のあいさつで「沖縄の負担軽減は安倍政権の最重要課題の一つだ。目に見える形で一つ一つ実践する」と述べた。

 会談には辺野古移設に反対する稲嶺進名護市長も出席した。

 これに先立ち、稲田氏は、防衛省がヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を建設中の米軍北部訓練場(東村、国頭村)や、普天間の移設先となる辺野古の米軍キャンプ・シュワブを上空から自衛隊ヘリで視察した。

「ニュース」のランキング