産経ニュース

【清宮真一の野党ウオッチ】維新が民進・蓮舫新代表をロック・オン! 松井一郎代表は「偽モンにまがいモンと言われたないわ」と激怒した

ニュース 政治

記事詳細

更新

【清宮真一の野党ウオッチ】
維新が民進・蓮舫新代表をロック・オン! 松井一郎代表は「偽モンにまがいモンと言われたないわ」と激怒した

売られたケンカは買ってやる-とばかりに、民進党への対決姿勢を鮮明にした日本維新の会の松井一郎代表(中央)ら=8月23日、大阪市北区(恵守乾撮影) 売られたケンカは買ってやる-とばかりに、民進党への対決姿勢を鮮明にした日本維新の会の松井一郎代表(中央)ら=8月23日、大阪市北区(恵守乾撮影)

 すったもんだの末、民進党の新代表に選出された蓮舫氏に日本維新の会が照準を合わせている。発端は、民進党代表選の全国遊説。蓮舫氏は、維新創業の地である大阪で「民進党こそ改革政党」とアピールし、維新を念頭に「まがい物」と断じた。これにすぐさま反撃に出たのが維新の松井一郎代表。「偽もんにまがいもんと言われた」と怒りを爆発させたのだ。26日召集の臨時国会では、与野党対決をよそに、「改革」の看板をかけた民進vs維新のバトルが見られそうだ。

 蓮舫氏は3日、党代表選の対立候補だった前原誠司元外相、玉木雄一郎衆院議員とともに大阪入りした。大阪市内で開かれた候補者討論会では、「仕分けの女王」として鳴らした歯切れの良さを発揮し、維新の名前こそ出さないものの、こう挑発した。

 「(民進党は)改革政党、答えを出す唯一の野党だと訴えたい。民主党の行革はわれわれの原点。間違って、まがい物のようなところに持っていかれるのではなくて、本気の行革をやらせてほしい」

 蓮舫氏が気張ったのも、無理はない。民進党(旧民主党)は昨年4月の大阪府議選、大阪市議選で歴史的大敗を喫していた。府議選では現職1人がかろうじて当選したものの、市議選では候補者11人が全滅。さらに今年7月の参院選大阪選挙区(改選数4)では、現職だった尾立源幸氏が落選し、おおさか維新の会(当時)の新人2人の当選を許した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 維新が民進・蓮舫新代表をロック・オン! 松井一郎代表は「偽モンにまがいモンと言われたないわ」と激怒した
  • 維新が民進・蓮舫新代表をロック・オン! 松井一郎代表は「偽モンにまがいモンと言われたないわ」と激怒した

「ニュース」のランキング