産経ニュース

【産経抄】蓮舫・野田コンビは腐った果肉をそぎ落とせるのか 9月17日

ニュース 政治

記事詳細

更新

【産経抄】
蓮舫・野田コンビは腐った果肉をそぎ落とせるのか 9月17日

 出勤途上、国会近くのイチョウ並木を歩く。16日朝は、白みがかっただいだい色のギンナンの実が、仲良く2つ歩道に落ちていた。秋は確かに深まっている。「天匂ふ 落ぎんなんを ふたつ踏み」(秋元不死男)。ギンナンの種は、火を通すとエメラルドグリーンに輝き美味だが、果肉の異臭は強烈である。

 ▼民進党の蓮舫新代表は同日、党ナンバー2である幹事長に、野田佳彦前首相を起用した。蓮舫氏は野田グループに所属し、1日の小紙のインタビューには「私はバリバリの保守。野田さんばりの保守だ」とも強調するなど、野田氏は師匠筋に当たる。頼れる兄貴分でもあるのだろう。

 ▼台湾籍を保持したまま国政に携わってきた蓮舫氏が、果たして「バリバリの保守」かどうかはさておく。民進党内にはいまだに、前身の民主党が政権から転げ落ちたのは、野田氏が無謀な衆院解散・総選挙に突入したからだとの怨嗟(えんさ)の声がある。

 ▼野田氏が首相当時に、消費税増税の是非をめぐって民主党が分裂した事実もある。新体制となった民進党を迎え撃つ自民党側では、当時の経緯を知る長老が振り返る。「野田さんは立派な政治家だ。ただ、権力の維持という点では音痴だった」。

続きを読む

「ニュース」のランキング