産経ニュース

【視覚障害者転落死】ホームドア補助予算増額、20~30駅で追加整備可能に

ニュース 政治

記事詳細

更新

【視覚障害者転落死】
ホームドア補助予算増額、20~30駅で追加整備可能に

 東京メトロ銀座線の青山一丁目駅(東京都港区)で視覚障害者の会社員、品田直人さん(55)=世田谷区=がホームから転落死した事故で、国土交通省は16日、鉄道会社がホームドアを設置する費用の補助金として、平成28年度第2次補正予算案と29年度予算の概算要求で計約67億円を計上したことを明らかにした。新たに20~30駅での整備が可能になる。石井啓一国交相が同日、視覚障害者の鉄道安全対策を要請した日本盲人会連合(東京)に答えた。

 ホームからの転落事故を防ぐホームドアの設置では、国と自治体が鉄道会社に対し総費用の3分の1ずつを補助する制度があり、国交省はこれに28年度第2次補正予算案で40億円、29年度予算の概算要求でも27億円を盛り込んだ。

 28年度は当初予算で22億円を計上しており、132駅で整備が進められている。追加の予算措置によって、さらに20~30駅でホームドアの設置が進められるようになるという。

 同連合は16日、国交省を訪れ、ホームドアの設置促進や視覚障害者への適切な声かけ方法の研究・啓発などを求める要望書を石井氏に提出した。

「ニュース」のランキング