産経ニュース

個人データを一括管理する「情報銀行」創設へ 政府が検討会を設置 ネット通販の購買履歴や位置情報などの膨大なデータを収集、活用

ニュース 政治

記事詳細

更新


個人データを一括管理する「情報銀行」創設へ 政府が検討会を設置 ネット通販の購買履歴や位置情報などの膨大なデータを収集、活用

 鶴保庸介科学技術担当相は13日の記者会見で、インターネット通販の購買履歴や位置情報などの個人データを一括管理する「情報銀行」創設に向け、政府のIT総合戦略本部に「データ流通環境整備検討会」を設置することを明らかにした。16日に初会合を開く。有識者からの意見を踏まえ、今年度中に報告書をとりまとめる方針だ。

 鶴保氏は「近年、スマートフォンの普及などにより、多様かつ膨大なデータ収集、活用が容易になってきている」と指摘。その上で「産業の生産性の向上や超少子高齢社会における諸課題の解決のため、一企業や業界の枠を越えてこのようなデータを安全、安心に流通させ、利活用できる環境を整備しようとするものだ」と述べた。

「ニュース」のランキング