産経ニュース

“都議会のドン”側近が就任 自民都連幹事長に高島直樹都議「小池百合子知事との対立構造、考えていない」

ニュース 政治

記事詳細

更新


“都議会のドン”側近が就任 自民都連幹事長に高島直樹都議「小池百合子知事との対立構造、考えていない」

自民党東京都連の新幹事長候補に選出され、来週正式に選任される見通しの高島直樹都議。小池百合子都知事とは友好的にやっていきたいと強調した=7日、東京・永田町(丸山汎撮影) 自民党東京都連の新幹事長候補に選出され、来週正式に選任される見通しの高島直樹都議。小池百合子都知事とは友好的にやっていきたいと強調した=7日、東京・永田町(丸山汎撮影)

 自民党東京都連は7日、都内で新執行部を決める役員選考委員会を開き、幹事長に高島直樹都議を選出した。高島氏は小池百合子知事が「都議会のドン」と称した前執行部幹事長の内田茂都議の側近とされるが、高島氏は報道陣に、「知事と友好関係を築く必要がある。『対立構造』なんて考えていない」と語った。

 高島氏は内田氏の助言などがあったかを問われ、「内田先生は尊敬する政治家の一人でご指導いただいているが、あれやれ、これやれ、という人ではない」と強調。一方で、幹事長選出前には「仏(ほとけ)の高島で一生懸命がんばればいいじゃないか」と言われたことを明かした。

 都連の前執行部は7月の知事選で小池氏の推薦を認めず、元総務相の増田寛也氏を擁立。小池氏はその意思決定の過程を「ブラックボックス」と表現し、内田氏について「都議会のドン」と批判していた。

 選考委員会では、総務会長に萩生田光一官房副長官、政調会長に井上信治党副幹事長も選出。国会議員や都議、各支部の幹部らが出席する合同会議を来週にも開き、6日に会長に選出した下村博文党幹事長代行と併せて正式決定する。

「ニュース」のランキング