産経ニュース

【民進党代表選】蓮舫氏の“国籍問題”で新たな問題か?日本の政治家として資質に疑問

ニュース 政治

記事詳細

更新

【民進党代表選】
蓮舫氏の“国籍問題”で新たな問題か?日本の政治家として資質に疑問

民進党の蓮舫代表代行(斎藤良雄撮影) 民進党の蓮舫代表代行(斎藤良雄撮影)

 一方、公職選挙法では、国会議員に立候補する条件を「日本国民であること」と定義。選挙管理委員会へ届け出る際には戸籍抄本または謄本を提出する必要があるため、国会議員である蓮舫氏が日本人であることは疑いの余地がない。

 問題は蓮舫氏が、台湾籍を放棄した時期だ。蓮舫氏が18歳で「日本人を選んだ」のであれば、当時の日本国籍取得の方法は帰化と届け出の2種類ある。帰化なら国籍法で元の国籍を「失うべきこと」と規定しており、申請には台湾籍の喪失届を出す必要がある。

 届け出で未成年の場合は、22歳の前日までに日本国籍か外国籍かを選び、日本を選んだ際には、国籍法16条により外国籍を離脱しなければならないとされる。いずれの場合も、日本政府は必要な書類を「個別の事情で判断」(法務省民事1課)するという。このため、元の国籍を放棄していないまま日本国籍を取得するケースがあるという。

続きを読む

「ニュース」のランキング