産経ニュース

小池百合子知事「都民の不安」、五輪組織委の費用検証へ 都政改革本部を設置

ニュース 政治

記事詳細

更新


小池百合子知事「都民の不安」、五輪組織委の費用検証へ 都政改革本部を設置

 東京都の小池百合子知事は1日、自らを本部長とした「都政改革本部」を発足させ、初会合を開いた。選挙戦で掲げた2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用などの検証が本格的にスタートする。

 小池氏は会合で「慣例にとらわれず、課題を調査し、改善策の検討を進めていく」と述べた。会合では東京五輪と情報公開の2つの調査チームを立ち上げる方針を確認。五輪については2日に都職員へのヒアリングを開始し、月内に中間報告をまとめる。

 東京五輪の開催費用は総額2兆円とも3兆円ともされるが、小池氏は「計算できないところが都民の不安を招いている」と言及。会合では、最終費用の見通しを探るほか、都が58億5千万円(出資比率97・5%)を出資する大会組織委員会(森喜朗会長)も調査対象に加え、管理監督が十分に行われているかなどを検証するとした。

 改革本部は副知事や都幹部のほか、小池氏が外部から登用した上山信一慶応大教授ら有識者14人が特別顧問・参与・調査員として加わる。小池氏は各部署が自律的に改革を進めていくよう要望。会合は都のホームページでネット中継した。

このニュースの写真

  • 小池百合子知事「都民の不安」、五輪組織委の費用検証へ 都政改革本部を設置
  • 小池百合子知事「都民の不安」、五輪組織委の費用検証へ 都政改革本部を設置
  • 小池百合子知事「都民の不安」、五輪組織委の費用検証へ 都政改革本部を設置

「ニュース」のランキング