産経ニュース

【民進党代表選】旧維新グループは自主投票へ 蓮舫代表代行、前原誠司元外相、玉木雄一郎国対副委員長に推薦人

ニュース 政治

記事詳細

更新

【民進党代表選】
旧維新グループは自主投票へ 蓮舫代表代行、前原誠司元外相、玉木雄一郎国対副委員長に推薦人

民進党代表選挙へ立候補する表明をした、蓮舫代表代行=東京・永田町の民進党本部(宮崎瑞穂撮影) 民進党代表選挙へ立候補する表明をした、蓮舫代表代行=東京・永田町の民進党本部(宮崎瑞穂撮影)

 民進党の旧維新の党グループは30日の幹部会合で、党代表選(9月15日投開票)への対応について自主投票とすることを決めた。出馬表明している蓮舫代表代行と前原誠司元外相に加え、若手に擁立論が強い玉木雄一郎国対副委員長にも推薦人として各5人程度流れる見込みだ。

 ただ、玉木氏はそれでも立候補に必要な20人の推薦人確保まで「あと数人足りない」(玉木氏周辺)状況といい、蓮舫氏と前原氏による一騎打ちの構図は変わっていない。

 今月30日のグループ会合では、江田憲司代表代行らが蓮舫氏、松木謙公衆院議員らは前原氏をそれぞれ支持する考えを主張。若手議員は玉木氏の擁立を求めた。グループは党内で存在感を示すことも狙い、同一候補を推す方向で調整していたが、意見対立が大きく一本化を断念した。

 一方、出馬への意欲を示していた長島昭久元防衛副大臣は同日、自身の後援会会合で、立候補を断念する考えを正式表明した。

 党は代表選の告示後、全国10カ所で候補者討論会を開く方針を発表。蓮舫氏は同日、都内のホテルで選対事務所を開き、臨戦態勢に入った。

このニュースの写真

  • 旧維新グループは自主投票へ 蓮舫代表代行、前原誠司元外相、玉木雄一郎国対副委員長に推薦人

「ニュース」のランキング