産経ニュース

【共産侵食~民進党代表選】連合・神津里季生会長インタビュー「共産党とは互いに信頼できる間柄にはなれない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【共産侵食~民進党代表選】
連合・神津里季生会長インタビュー「共産党とは互いに信頼できる間柄にはなれない」

神津里季生・連合会長(宮川浩和撮影) 神津里季生・連合会長(宮川浩和撮影)

 --民進党代表選が9月15日にある

 「党勢回復には暗雲が垂れ込めたままだ。党のイメージも含め、暗雲を吹き払うような議論をしてもらいたい。代表選が無投票となることはよくない。国民が期待を持てる存在であることを代表選を通じ、発信してほしい。政権を担える政党になり得る可能性は十分あるはずだ」

 --憲法改正議論や自民党との大連立については

 「憲法はしっかりと議論すべきだ。参院選で改憲勢力が発議に必要な3分の2を占めた中で、一切議論しないという方がおかしいだろう。大連立は、条件が整うならばあっていい話だ」

このニュースの写真

  • 連合・神津里季生会長インタビュー「共産党とは互いに信頼できる間柄にはなれない」

「ニュース」のランキング