産経ニュース

【共産侵食~民進党代表選(1)】平成30年に「国民連合政府」が誕生したら…安保法は当然廃止 北のミサイル発射に民共連立政権は?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【共産侵食~民進党代表選(1)】
平成30年に「国民連合政府」が誕生したら…安保法は当然廃止 北のミサイル発射に民共連立政権は?

 28年2月には、構想の一時棚上げも表明したが、民進党の岡田克也代表は「安保関連法廃止」といった構想の中軸は受け入れ、両党などは政策協定を締結。参院選では32の改選1人区で野党統一候補が実現し、野党は25年の前回参院選を9議席上回る11勝をあげた。

 民進党は「政権選択選挙で綱領や政策が違うところと一緒に政権を目指すことはありえない」(蓮舫代表代行)などと、今も民共の連立政権を否定する。しかし、共産党の受け止め方はまったく違うようだ。

 「参院選では国民連合政府の提案が契機になって野党統一候補が実現した。全国規模での『統一戦線』、選挙協力が初めて現実となり、大きな成果を結んだ」

 志位氏は5日の党創立94周年を記念した演説会で、党綱領に定める「統一戦線」が全国規模で戦後初めて実現したと強調。「党綱領の統一戦線の方針が国政を動かす戦後かつてない新しい時代が始まっている」と高らかに宣言した。

 統一戦線とは、党綱領によれば「異常な対米従属」と「大企業・財界の横暴な支配を打破」する「民主連合政府」を実現するための手段だ。綱領は「当面の差し迫った任務に基づく共同と団結」でも共闘を認めており、国民連合政府はこれに該当する。いわば、民主連合政府に導くための「前段」の位置づけだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 平成30年に「国民連合政府」が誕生したら…安保法は当然廃止 北のミサイル発射に民共連立政権は?
  • 平成30年に「国民連合政府」が誕生したら…安保法は当然廃止 北のミサイル発射に民共連立政権は?

関連トピックス

「ニュース」のランキング