産経ニュース

【主張】尖閣奪取に海上民兵 中国は本気だ!「軍事力」への警戒強めよ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【主張】
尖閣奪取に海上民兵 中国は本気だ!「軍事力」への警戒強めよ

 尖閣奪取への飽くなき意図が明白になった。

 尖閣諸島の周辺海域へ今月、中国公船とともに押し寄せた中国漁船に、100人以上の海上民兵が乗り組んでいたことが産経新聞社の調べで分かった。

 海上民兵とは、一般の漁民に紛れ込み、漁船団を利用する海のゲリラ戦部隊だ。そうした特殊な軍事力を中国は投入してきた。

 尖閣奪取の事前演習をしているつもりなのか。このような敵対的行動を、放置しておくことは許されない。

 中国の民兵組織は、共産党中央軍事委員会の傘下にある。つまり、軍の構成単位であることを中国国防法が定めている。

 これは、極めて深刻な事態である。現在、尖閣周辺で警戒にあたる海上保安庁は警察機関の一種であり、外国の軍事組織を取り締まる権限や能力はないからだ。

 多数の偽装漁船が突然、軍の所属だと名乗り、海保の巡視船を取り囲んだ場合、なすすべもない。偽装漁船から海上民兵や特殊部隊が尖閣上陸を企てようとしても、手出しはできない。

続きを読む

「ニュース」のランキング