産経ニュース

稲田朋美防衛相、ジブチの自衛隊を激励 海賊対処「今後も不可欠」

ニュース 政治

記事詳細

更新


稲田朋美防衛相、ジブチの自衛隊を激励 海賊対処「今後も不可欠」

海賊対処活動を展開する自衛隊部隊の活動拠点を訪れ、部隊幹部から説明を受ける稲田朋美防衛相=15日、ジブチ(共同) 海賊対処活動を展開する自衛隊部隊の活動拠点を訪れ、部隊幹部から説明を受ける稲田朋美防衛相=15日、ジブチ(共同)

 稲田朋美防衛相は15日(日本時間同)、アフリカ東部ジブチを訪問し、同国を拠点にソマリア沖アデン湾で海賊対処活動を展開している自衛隊部隊を激励した。訓示で「海上交通の安全は依然として予断を許さない。今後も海賊対処を確実に実施することが必要不可欠だ」と述べ、自衛隊派遣を継続する考えを示した。

 訓示後、記者団に「非常に重要な役割を担っている。今後、一層の活用の在り方も検討したい」と述べ、機能強化を図りたいとの認識を示した。

 稲田氏の外遊は防衛相就任後初めて。訓示で「皆さんの活動は各国から高く評価されている。強い信念と誇りを持ち、開かれ、安定した海洋を守る重要な課題に取り組んでほしい」と強調した。

 この後、ジブチのゲレ大統領、バードン国防相とそれぞれ会談した。

 稲田氏は海上自衛隊のP3C哨戒機に搭乗し、上空から海自護衛艦の活動状況を視察する予定。南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている自衛隊部隊の幹部から現地情勢の報告も受ける。

 アデン湾は欧州・中東と東アジアを結ぶシーレーン(海上交通路)の要所。アデン湾での海賊被害の発生件数は、ピーク時には年間200件を超えたが、近年は昨年初めて0件となるなど、低い水準を維持している。(ジブチ 共同)

このニュースの写真

  • 稲田朋美防衛相、ジブチの自衛隊を激励 海賊対処「今後も不可欠」
  • 稲田朋美防衛相、ジブチの自衛隊を激励 海賊対処「今後も不可欠」

「ニュース」のランキング