産経ニュース

【東京五輪】森喜朗元首相「丸川珠代五輪相も小池百合子知事も“森商事”の社員だった」ととりなす

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京五輪】
森喜朗元首相「丸川珠代五輪相も小池百合子知事も“森商事”の社員だった」ととりなす

会談前に握手する、東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(右)と小池百合子都知事=9日午後、東京都港区(代表撮影) 会談前に握手する、東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(右)と小池百合子都知事=9日午後、東京都港区(代表撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相が9日、東京都知事選の遺恨に伴う亀裂も懸念される丸川珠代五輪相と小池百合子知事の間をとりなす一幕があった。

 小池氏はこの日、知事就任後初めて東京・虎ノ門の組織委員会に森氏を訪ね、大会の運営コストの削減策などについて意見交換した。会談の終了間際、丸川氏も森氏へのあいさつに来たため、短時間ながらも3氏が同席することになった。

 会談後、森氏は記者団に「私が政治家であったとき、お二人とも“森商事”の社員さんだった方です。分かりやすく言うとね。何も初対面じゃないんですから、話し合えばすぐ分かるということですね」と語り、「しっかり五輪を成功させましょうという認識で一致した」と円満さをアピールした。

 丸川氏は森派の流れをくむ細田派に所属し、小池氏も自民党の国会議員時代に森派に所属していた。

このニュースの写真

  • 森喜朗元首相「丸川珠代五輪相も小池百合子知事も“森商事”の社員だった」ととりなす

「ニュース」のランキング