産経ニュース

【天皇陛下「お気持ち」】共産党志位和夫委員長 記者会見全文 「憲法は生前退位を禁じていない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下「お気持ち」】
共産党志位和夫委員長 記者会見全文 「憲法は生前退位を禁じていない」

共産党の志位和夫委員長(松本学撮影) 共産党の志位和夫委員長(松本学撮影)

 「今日のご発言の内容というのは、公務軽減という話ではないと思うんですね。要するに、高齢になったことに従って象徴としての責任を果たすことが難しくなるのではないかということを案じているという、いわば高齢との関係でご発言だっと思うんです。ですから、私たちとしてはあまり話を広げないで、やはりそういう点をよく、私たちとしてはよく理解できますということを申し上げました。政治の側の対応としてもですね、いろいろと話を広げずに、先ほど述べたように生前退位という問題についての真剣な検討が必要になってくる。いろんな問題が関連してあると思いますけれども」

 --国民的な議論という意味で、どういう方法を考えるか。国民の意見をどのように吸い上げるのか

 「この問題、先ほど冒頭言った、対応をやるとしてもですね、これは法律の改正の問題だと思っております。憲法の改定に関わる問題ではないと思っております。ただ、これはどんな法律でもそうですけれども、とりわけこういう国のあり方に関わる問題ですから、国民の合意をしっかり得て、ことを進めるべくいろんな手続きが必要だと思っています。それは今後、政府としても考えるでしょうし、私たちとしても必要なことは発言していきたいと思っています」

 --共産党は国民の総意による将来的な皇室制度の廃止を掲げているが、去年9月の国民連合政府の構想提唱にあたって棚上げも表明している。その中で今年の国会の開会式には出席もしている。党として皇室制度のあり方について議論する考えはあるか

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング