産経ニュース

【天皇陛下「お気持ち」】共産党志位和夫委員長 記者会見全文 「憲法は生前退位を禁じていない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下「お気持ち」】
共産党志位和夫委員長 記者会見全文 「憲法は生前退位を禁じていない」

共産党の志位和夫委員長(松本学撮影) 共産党の志位和夫委員長(松本学撮影)

 --一方、綱領にはその存廃は情勢が熟したときに国民の総意によって解決されるべきものであるという文言もあるが、これはどういう意味を指しているのか

 「これは天皇の制度に対する将来的な展望について述べているわけであります。で、私たちは民主共和制ということを綱領上は、そういう立場に立っておりますが、天皇の制度はというのは憲法上の制度ですから、その存廃については国民的な合意を得て決められるべきだということにとどめております」

 --政治の責任として検討が必要ということは、国会で立法措置の議論が始まった場合は、天皇陛下のお気持ちに沿う形で共産党としても実現に向けて検討していくのか

 「そこはですね、やはり現憲法では天皇は政治的権能を有さないという規定がございます。それにしっかりのっとった対応が必要になります。ですから、今日のご発言を直接受けた形での立法ということではなくて、今日のご発言については、私たちとしてはよく理解できますということです。そして、あくまでも政治の側の責任としてですね、生前退位について真剣な検討が必要だと、これは政治の責任として、今日のご発言はよく理解することができます。その上で、政治の責任としてあくまでもこれは、政治が責任を負う形で決められるべきだということで先ほど冒頭述べたような発言を致しました」

 --本日のお気持ちの表明は政治的発言と理解しているのか

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング