産経ニュース

【新閣僚に聞く(詳報)】稲田朋美防衛相詳報(4) 南京事件「百人斬りはなかったと思っています」「30万人、40万人という数がどうであったかは重要」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新閣僚に聞く(詳報)】
稲田朋美防衛相詳報(4) 南京事件「百人斬りはなかったと思っています」「30万人、40万人という数がどうであったかは重要」

栄誉礼で壇上に上がる稲田朋美防衛相=4日午後、東京都新宿区の防衛省(古厩正樹撮影) 栄誉礼で壇上に上がる稲田朋美防衛相=4日午後、東京都新宿区の防衛省(古厩正樹撮影)

 --たとえば秦郁彦は、わりと右のほうだと思うが、日本軍の陣中日記や作戦の詳報などを見て、捕虜になって捕まった人が軍事裁判にかけられず殺されている。無法な殺害に当たるので、その意味では数万の殺害は認めざるを得ないと。数万の殺害は認めるのか

 「秦先生を含めさまざまな見解が出ています。何が客観的な事実かどうか、これをしっかりと見極めていくことが重要で、それ以上について私がお答えできる立場にないと思います」

 --外務省の見解についてはどうか

 「外務省の見解が政府の見解と反するということではない。というか、当たり前のことですけれども」

 --その見解を取るのか。従うのか

 「大臣も、というか、私は歴史的な問題については客観的な事実がすべてであり、数は関係ないというご意見もありますけれども、数も含めて客観的事実が何かということをしっかりと検証していくことが重要だと思っております」

 --捕虜の殺害はどうか

 「私がここで秦先生の見解について何かコメントする立場にはありません」

【世論調査】

 --共同通信が4日に行った世論調査で防衛相起用について「評価しない」が43%、「評価する」が32%ということで評価しないが上回った。今後この結果を受けてどう取り組まれるか

 「わが国の防衛という大変重要な責務についてしっかりと取り組んでいくということだと思います」

続きを読む

このニュースの写真

  • 稲田朋美防衛相詳報(4) 南京事件「百人斬りはなかったと思っています」「30万人、40万人という数がどうであったかは重要」
  • 稲田朋美防衛相詳報(4) 南京事件「百人斬りはなかったと思っています」「30万人、40万人という数がどうであったかは重要」
  • 稲田朋美防衛相詳報(4) 南京事件「百人斬りはなかったと思っています」「30万人、40万人という数がどうであったかは重要」
  • 稲田朋美防衛相詳報(4) 南京事件「百人斬りはなかったと思っています」「30万人、40万人という数がどうであったかは重要」

「ニュース」のランキング