産経ニュース

【内閣改造】金田勝年法相、死刑執行は「やむを得ない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【内閣改造】
金田勝年法相、死刑執行は「やむを得ない」

 3日の内閣改造で初入閣した金田勝年法相(66)が同日、記者会見し、死刑制度について「罪責が著しく重大な凶悪犯罪には死刑を科すこともやむを得ないと考える。廃止は適当ではない」と述べた。国際テロ対策などに有効だとして必要性を指摘する声もある共謀罪の創設については「慎重にあり方を検討する必要がある。今の段階では未定だ」とするにとどめた。

 また、法務行政に対する印象については、「一見地味に見えるが、国民誰しも関わりのある重要な部分を担っている」との感想を述べた。

「ニュース」のランキング