産経ニュース

【北ミサイル】「戦前なら応戦」「陸地狙ったのでは」 秋田知事が暴挙に憤り

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北ミサイル】
「戦前なら応戦」「陸地狙ったのでは」 秋田知事が暴挙に憤り

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて庁内連絡会議に臨む秋田県幹部=3日、県庁(渡辺浩撮影) 北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて庁内連絡会議に臨む秋田県幹部=3日、県庁(渡辺浩撮影)

 北朝鮮のミサイルが3日、秋田県男鹿半島の西250キロの日本海に落下した事態に、秋田県では船舶や漁業関係者らが対応に追われるとともに、暴挙に憤りの声が上がった。

 秋田県では平成21年に長距離弾道ミサイルが上空を通過している。佐竹敬久知事は産経新聞の取材に対し「秋田沖にミサイルを撃ったことに怒りを覚える。戦前なら応戦する事態だ」と反発した。

 さらに「排他的経済水域(EEZ)を狙って撃ったのではなく、陸地を狙って届かなかった可能性もある。不測の事態が起きかねない緊迫した状況だった。政府はきちんと対処してほしい」と求めた。

 県はこの日午後、幹部による庁内連絡会議を招集し、漁船などに被害がないことを確認した。

 県漁業協同組合の三浦彰総務部長は「沿岸海域に落ちていたら、大変なことになっていた」と困惑していた。

「ニュース」のランキング