産経ニュース

【東京都知事選】小池百合子氏演説詳報(22日)「都庁の存在する新宿区で、私の仲間を都議選に立候補させました」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京都知事選】
小池百合子氏演説詳報(22日)「都庁の存在する新宿区で、私の仲間を都議選に立候補させました」

街頭演説をするために高田馬場駅前に到着した小池百合子氏=22日午後、東京都新宿区(宮川浩和撮影) 街頭演説をするために高田馬場駅前に到着した小池百合子氏=22日午後、東京都新宿区(宮川浩和撮影)

 私はその経験を元に、地域包括ケアシステムという制度を、もっともっと磨きをかけて、家族も安心、本人も安心、最期住み慣れた自宅でおくるということを、もっともっと広げていきたい。つまり、何でも施設を作ればいいというものではありません。

 もちろん介護、ホームヘルパーさんというバックアップがないと、務めを休んで、務めを辞めて親を面倒見るということで、2人して老老介護、生活保護の対象になるという例は、枚挙にいとまがないわけでございます。そこでクールビズを発案した私は何を言っているのかといいますと、保育士も今そうなんですけども、待遇が今悪い。待遇改善をしなければならない。そのためには5万円をプラスするんだ、もっともっと他の待遇を改善しましょうといったような議論。今回の参議院選挙でもテーマになりましたね。

 私はクールビズ方式で申し上げますと、空き家問題という今東京が抱えている問題があります。そこに家はあるんです。住んでいないだけなんです。中には崩れそうな家もあります。「じゃりん子チエ」のような世帯のアパートもあります。そのような家々、これを保育士さんや介護士さんに現物支給をして、住む場所をちゃんと確保してあげる。同時に空き家問題を対処していく、その道筋に乗せていく。実はこれ豊島区では行っています。私の選挙区。高野(之夫)区長も大変な知恵者でございます。その高野区長とともに、私、保育士、介護士の皆さま方の待遇改善を、住居、つまりそれだけ住居費を払うわけでありますから、空き家を活用することによって、空き家問題の解決と介護・福祉・保育士、彼らの待遇改善をお給料で乗せるわけではなくて、現物支給というかたちで進めていく。

続きを読む

このニュースの写真

  • 小池百合子氏演説詳報(22日)「都庁の存在する新宿区で、私の仲間を都議選に立候補させました」

「ニュース」のランキング