産経ニュース

【民進党代表選】「反岡田」勢力結集の動き 共産連携に反発、対抗候補一本化目指す

ニュース 政治

記事詳細

更新

【民進党代表選】
「反岡田」勢力結集の動き 共産連携に反発、対抗候補一本化目指す

民進党代表選の構図 民進党代表選の構図

 党内では、こうした批判を背景に、自ら出馬をにおわす議員も出始めている。

 長島昭久元防衛副大臣は22日のブログで「党の中にも憲法改正が必要だと考える議員は少なくない」と指摘したうえで「『政権準備政党』としての真のリーダーシップが求められる。その先頭に立つ覚悟です」とつづった。長島氏は細野氏と意見交換を繰り返しており、周囲には「8月のお盆過ぎには保守系、反共産党で候補を一本化する」と語っている。

 党内きっての改憲論者とされる前原誠司元外相も出馬に意欲を示している。保守系議員の間では、前原、細野、長島の3氏のなかから「反岡田」の統一候補を選ぶ方向で調整が進む。

 ただ、党内には次期衆院選も見据え、民共連携を進める岡田体制の継続を求める声も強い。保守系3氏がこうした流れに屈せず、統一候補の選定までこぎ着けられるかは不透明だ。(坂本一之、千田恒弥)

このニュースの写真

  • 「反岡田」勢力結集の動き 共産連携に反発、対抗候補一本化目指す

「ニュース」のランキング