産経ニュース

沖縄在米事務所、費用対効果に疑問の声 所長に適正ビザもなく…不要論高まる

ニュース 政治

記事詳細

更新


沖縄在米事務所、費用対効果に疑問の声 所長に適正ビザもなく…不要論高まる

 沖縄県ワシントン事務所をめぐり、平安山(へんざん)英雄所長の不適正な査証(ビザ)での活動に続き、高額な外国勤務手当の支給も明らかとなり、公金の使い道に対する翁長雄志知事の認識の甘さが浮き彫りとなった。2年間で約1億5千万円の事務所活動費を計上しながら成果は希薄で、県内でも不要論が広がっている。

 平安山氏の業務は「ワシントン事務所開設と知事訪米時の対応」(謝花喜一郎知事公室長)に限定され、沖縄の基地問題に関する情報発信などが手付かずなのは、適正な就労ビザを取得できていないことが影響している。

 平安山氏が米国で取得できる可能性のある就労ビザは2種類で、最初に取得しようとしたのは転勤者が対象のL1ビザ。平安山氏は昨年4月の採用直後からワシントンに駐在しており、県職員として米国外で1年以上勤務した実績がないため要件を満たしておらず、取得を断念した。

 在沖縄米総領事館の職員だった平安山氏がL1ビザを取得できなかったことについて、謝花氏は県議会で「予測すらしていなかった」と答弁し、見切り発車で派遣したことを認めた。

続きを読む

「ニュース」のランキング