産経ニュース

【東京都知事選】民進執行部が鳥越俊太郎氏擁立検討 野党統一候補を模索 都連要請の古賀氏に難色

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京都知事選】
民進執行部が鳥越俊太郎氏擁立検討 野党統一候補を模索 都連要請の古賀氏に難色

衆院平和安全法制特別委員会で、参考人として意見陳述するジャーナリストの鳥越俊太郎氏(手前)=国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院平和安全法制特別委員会で、参考人として意見陳述するジャーナリストの鳥越俊太郎氏(手前)=国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 民進党執行部が東京都知事選(14日告示、31日投開票)で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)を擁立する方向で検討に入った。党幹部によると、鳥越氏は11日に岡田克也代表と面会し、立候補に意欲を示したという。12日にも記者会見を行う。先の参院選で共闘した民進、共産など野党4党による「統一候補」としての出馬を調整している。

 執行部の動きとは別に、民進党都連は11日、元経済産業省課長の古賀茂明氏(60)に出馬を要請したが、党幹部が古賀氏の擁立に難色を示したという。

 一方、都知事選をめぐっては、過去2回にわたり共産、社民両党などの推薦で出馬し、次点だった元日弁連会長の弁護士、宇都宮健児氏(69)も11日に出馬を表明しており、野党各党の調整も焦点となる。

 与党党側では、自民党都連が元総務相の増田寛也氏(64)の擁立を決め、党本部に推薦を申請。自民党の小池百合子元防衛相(63)も出馬を表明している。

「ニュース」のランキング