産経ニュース

【参院選】公明・山口那津男代表 「改憲勢力」扱いに抵抗感 自民とのアプローチの違い強調

参院選2016特集 政治

参院選2016特集

記事詳細

更新

【参院選】
公明・山口那津男代表 「改憲勢力」扱いに抵抗感 自民とのアプローチの違い強調

公明党の山口那津男代表(松本健吾撮影) 公明党の山口那津男代表(松本健吾撮影)

 公明党の山口那津男代表は4日のBSフジ番組で、憲法9条改正を目指す自民党と同じ改憲勢力とみなされることへの抵抗感について「全くある」と述べた。現行憲法を評価した上で時代の要請に応じて条文を加えていく立場を強調した。

 山口氏は、集団的自衛権の行使を自国防衛に限って認める安全保障関連法が成立したことに触れ「9条を含め、今の憲法は守っていくべきものだ。改正は否定しないが、自民党とアプローチが違う」と説明した。

 その上で民進党も改憲を否定していないとして「民進党も含めると(改憲発議要件の)3分の2を超えている。参院選で改憲勢力3分の2を阻止しようという(野党側の)問題の設定自体が誤りだ」と批判した。

「ニュース」のランキング