産経ニュース

【参院選の謎】政見放送はなぜNHKばかりで放映されているのか? 意外と複雑な放映の仕組みを調べてみると…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【参院選の謎】
政見放送はなぜNHKばかりで放映されているのか? 意外と複雑な放映の仕組みを調べてみると…

政見放送の収録に臨む候補者(イメージ画像、画面の一部を加工しています)  政見放送の収録に臨む候補者(イメージ画像、画面の一部を加工しています) 

     

 それでは、担当民放局や放送枠(タイムテーブル)は、どのように決まるのだろうか。総務省選挙部管理課によると、「地域によって事情は異なるが、複数の民放がある場合、各局でローテーションを組み、順番に分担していくことが多い」という。

 また、放送枠については放送局側が放送可能な時間帯を確保した上で、各都道府県選挙管理委員会がそれを追認するケースが多いようだ。民放関係者は「商業放送である以上、枠の確保にはスポンサーとの調整が必要になる」と苦労を明かす。

     

 なお、今回の参院選から隣接選挙区を統合した2つの「合区」が導入されたことで、政見放送でも新たなケースが発生した。

 合区となった徳島・高知。民放の収録は四国放送(徳島市)で行われたが、同局の放送エリアはあくまで徳島県内。高知県向けには、高知放送、テレビ高知、高知さんさんテレビの地元民放3局が、同じ映像を分担して流すことになった。

 もし今後、選挙制度改革が進み、新たな合区が誕生すれば、その地区の選管と地元局にも新たな調整が必要になりそうだ。

「ニュース」のランキング