産経ニュース

【参院選】共産が本性露呈して民進にも不信感 志位&岡田両氏そろい踏みでも危うい共闘

参院選2016特集 政治

参院選2016特集

記事詳細

更新

【参院選】
共産が本性露呈して民進にも不信感 志位&岡田両氏そろい踏みでも危うい共闘

街頭演説会に臨む(左から)生活の党と山本太郎となかまたちの玉城デニー幹事長、共産党の志位和夫委員長、民進党の岡田克也代表、社民党の又市征治幹事長=29日午後、松山市(松本学撮影) 街頭演説会に臨む(左から)生活の党と山本太郎となかまたちの玉城デニー幹事長、共産党の志位和夫委員長、民進党の岡田克也代表、社民党の又市征治幹事長=29日午後、松山市(松本学撮影)

 民進党の岡田克也代表と共産党の志位和夫委員長が29日、松山市の街頭演説でそろい踏みした。両氏が一緒に街頭に立つのは参院選公示後初めて。共産党は防衛費を「人を殺すための予算」と発言した藤野保史衆院議員を政策委員長から事実上更迭したが、志位氏は言及も謝罪もせず、岡田氏も触れずに民共連携をアピールした。与党は「共産党の本質」を追及し続けており、民進党にも共産党への不信感が募っている。

 岡田、志位両氏のそろい踏みは、参院選愛媛選挙区(改選数1)に立候補した無所属候補を応援するため。社民、生活両党の幹事長も加わり、自民党候補と激戦を演じる野党統一候補へのテコ入れを図った。

 志位氏は演説で、自らの党の不祥事をよそに「安倍晋三首相は野党共闘が怖くて仕方ない。毎日のように悪口を言っている。あの自公に野合といわれたくはない」と与党批判に徹した。

 岡田氏も「この国が間違った方向に行かないために参院選で安倍政治の暴走を止め、平和で一人一人が豊かになれる国を目指していこう」と強調したが、藤野氏の発言は素通りした。

続きを読む

「ニュース」のランキング