産経ニュース

【参院選】党首に聞く おおさか維新の会・松井一郎代表「身を切る改革、大阪の改革を広げたい」

参院選2016特集 政治

参院選2016特集

記事詳細

更新

【参院選】
党首に聞く おおさか維新の会・松井一郎代表「身を切る改革、大阪の改革を広げたい」

インタビューに答える松井一郎・おおさか維新の会代表=大阪市中央区(彦野公太朗撮影) インタビューに答える松井一郎・おおさか維新の会代表=大阪市中央区(彦野公太朗撮影)

 参院選では大阪の改革を広げていく。もうそれしかないね。納税者が納得できる政治に変えていく。これをいかに広げるか。

 一番重要なのは財源をどう見つけるか。資源が豊かで、いくらでも国民に還元できる国なら何でもできます。でも日本は資源のない国なわけで。ここが一番の政治家の役割やと思うね。これができたのは大阪だけ。歳出を抑えて財源をつくって組み替えてきた。

 アベノミクスは、金融緩和は正解だ。答えが出ているから。旧民主党政権と比べ株価は倍以上になり、雇用は上がっている。海外のお客さんも増えている。財政出動は平成26年の消費税8%への増税でブレーキを踏みすぎました。消費がやっぱり回復してこない。経済的に言うとちょっと間違っているよね。

 矢が放たれていないのが規制緩和。これは自民党ではできませんね。規制に守られている各種団体がいっぱいあるんでね。安倍晋三首相がやりたいと言っても族議員がやらせない。もっとスピード感をもって進めるべきだと迫っていく。

 身を切る改革は、よほど覚悟を決めないとできません。強烈なリーダーシップがいる。おおさか維新の会は大阪で実現している。

続きを読む

「ニュース」のランキング