産経ニュース

【英EU離脱】新報道2001抄録 与党「安定政権で対応」、野党「経済政策の転換を」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【英EU離脱】
新報道2001抄録 与党「安定政権で対応」、野党「経済政策の転換を」

自民党の稲田朋美政調会長 自民党の稲田朋美政調会長

 与野党の政策責任者らが英国の欧州連合(EU)離脱を受けた日本経済への影響について議論した。

 --具体的な対応策は

 自民党の稲田朋美政調会長「しっかりと国際協調しつつ、安定した政権で必要な対応をとる。躊躇なく、大胆な対策をとる必要がある」

 民進党の山尾志桜里政調会長「株価と為替が逆回転している。外側の要因で大きく振れるような経済政策を転換すべきだ」

 公明党の石田祝稔政調会長「あらゆる対応が必要で、金融の流動性を確保し、(市場を)落ち着かせる必要がある」

 おおさか維新の会の下地幹郎国会議員団政調会長「参院選後の臨時国会で補正予算を組み、為替介入も辞さないという明確なメッセージを示さなくてはいけない」

 新党改革の荒井広幸代表「日本は政治が安定することが非常に重要だ。為替介入も『いつでもやる』ということを言わなければいけない」

 日本のこころを大切にする党の和田政宗政調会長「為替介入も含め、断固たる国際協調の姿勢を示し、しっかりとした財政出動をすべきだ」

続きを読む

このニュースの写真

  • 新報道2001抄録 与党「安定政権で対応」、野党「経済政策の転換を」

「ニュース」のランキング