産経ニュース

【参院選】序盤情勢 改憲勢力、3分の2うかがう 与党は改選過半数の勢い 民進は10議席以上減が確実 共産は躍進か

参院選2016特集 政治

参院選2016特集

記事詳細

更新

【参院選】
序盤情勢 改憲勢力、3分の2うかがう 与党は改選過半数の勢い 民進は10議席以上減が確実 共産は躍進か

京都大学吉田キャンパス前で大学生に向け、投票を呼びかける選挙陣営関係者=23日午後、京都市左京区(志儀駒貴撮影) 京都大学吉田キャンパス前で大学生に向け、投票を呼びかける選挙陣営関係者=23日午後、京都市左京区(志儀駒貴撮影)

 共産党は25年参院選の東京で、12年ぶりに選挙区での議席回復を果たしたが、今回は東京に加え、神奈川や千葉などでも当選圏内につけている。比例代表も合わせて2ケタをうかがう勢いで、改選3議席から大きく躍進しそうだ。改選2議席のおおさか維新の会も、大阪での2議席獲得が視野に入るなど勢力を伸ばすことは確実となっている。

 参院選の勝敗を左右する32の改選1人区では、自民党の公認候補が22選挙区で先行。野党統一候補は宮城、福島、沖縄など8選挙区で優勢に戦いを進めており、青森と山梨は両者が拮抗(きっこう)している。ただ、選挙戦の行方によっては投票日までに情勢が変わる可能性もある。

「ニュース」のランキング