産経ニュース

【参院選・比例】話題の候補 第一声 国民怒りの声・小林節氏「国会が言論の府になっていない」

参院選2016特集 政治

参院選2016特集

記事詳細

更新

【参院選・比例】
話題の候補 第一声 国民怒りの声・小林節氏「国会が言論の府になっていない」

 憲法学者で政治団体「国民怒りの声」比例代表の慶応大名誉教授、小林節氏(67)は国会前で「日本の憲法を空洞化した国会に怒りを向けたい」と声を上げた。

 安保法案が国会で審議中だった昨年6月、衆院憲法審査会に参考人として出席し「法案は違憲」と指摘した小林氏。グレーのスーツ姿でマイクを握り「国会が言論の府になっていない。議論されずにいろんなことが決められている」と訴えた。「政府に批判的な言論は論壇から追い出され、迎合的な発言しか残らない中で国民がマインドコントロールされる」

 小林氏は野党が比例代表に統一候補を擁立する「統一名簿」方式を呼び掛けたが実現しなかった。「だから自分で第3の旗を立てた」と野党にも怒りを向けた。

「ニュース」のランキング