産経ニュース

【参院選】市教委、校長宛てメール添付の産経記事を共産の抗議で自主回収 群馬・高崎

参院選2016特集 政治

参院選2016特集

記事詳細

更新

【参院選】
市教委、校長宛てメール添付の産経記事を共産の抗議で自主回収 群馬・高崎

 群馬県高崎市教委が参院選を前に、市内の公立小中学校の校長あてに「中立性を保つよう」求めたメールに産経新聞記事を添付し送信したことをめぐり、共産党が抗議し、市教委側が一部を自主回収していたことが22日、わかった。メールは校長への「お願い」として17日に送信され、「中立性を保つよう教師に注意喚起を促す」ための参考資料として14日付本紙主張「共産の署名活動 児童怖がらせ『平和』とは」が添付されていた。

 記事は、共産党運動員が東京都足立区で安全保障関連法への反対署名を求めて区立小学校の児童複数に話しかけ、「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」「爆弾が落ちてきたら嫌でしょ」などと子供の不安をいたずらにあおったことを紹介。埼玉県の中学教諭が同法反対デモを載せた同党機関紙「赤旗」のコピーを配布したことなどを取り上げ、不当な宣伝活動の一斉中止を求めた。

 同市教委は「記事にはさまざまな事例が紹介されており、資料として活用できると判断した」とした。メールと添付記事は校長の手持ち資料として送信したが、84校のうち数校の校長が全職員に配布した。

 21日に同党の県議と市議が一部の学校を訪れ、口頭で抗議した。22日付赤旗が、〈記事は事実をねじ曲げたものだと指摘し、「特定の政党をデマで攻撃する記事を配ることこそが公選法に抵触する」と抗議しました〉-などと報じた。

 職員に配布した数校では21日のうちに添付記事を自主回収したが、市教委では「校長止まりのものを配っってしまった」と回収理由を説明している。

 足立区の問題では、共産区議は産経新聞の取材に「行き過ぎだった」と非を認め、保護者に謝罪している。

「ニュース」のランキング