産経ニュース

【参院選・東京】「尖閣上陸ロッカー」幸福実現党新人・トクマ氏「自分の国は自分で守る。当たり前の国にしたい」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【参院選・東京】
「尖閣上陸ロッカー」幸福実現党新人・トクマ氏「自分の国は自分で守る。当たり前の国にしたい」

街頭演説をするトクマ氏=22日、東京都港区のJR品川駅前 街頭演説をするトクマ氏=22日、東京都港区のJR品川駅前

 22日正午過ぎ、東京都港区のJR品川駅前でマイクを持った幸福実現党新人のトクマ氏(49)は「幸福実現党は立党から7年がたった。地方議員も誕生し、あとはこのまま、国会に議員を輩出するだけだ」と声を張り上げた。

 党遊説局長でミュージシャンのトクマ氏は、平成24年に尖閣諸島(沖縄県石垣市)の魚釣島に上陸。その経験からか、自身の選挙カーには「尖閣上陸ロッカー トクマ」の文字が並ぶ。

 トクマ氏は、この日の朝に北朝鮮がミサイル2発を発射したことについて触れ、政策の一つである国防強化を訴えた。「アメリカを頼りにするだけでいいのでしょうか。自分の国は自分で守る。当たり前の国にしたいと思っている」と呼び掛けると、集まった支持者らからは「そうだ」の声が上がった。

 また、現政権については「社会保障を人質として、私たちを揺すっているのが今の安倍政権だ」と批判し、消費税を5%に引き下げる「減税」を主張。

 「経済的基盤がなければ農業技術も上がらず、社会保障も守っていけない。今やらなければならないのは経済発展・繁栄だ」と支持を求めた。

「ニュース」のランキング