産経ニュース

【引退議員に聞く】江田五月・元参院議長「原発神話過信…慚愧に堪えぬ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【引退議員に聞く】
江田五月・元参院議長「原発神話過信…慚愧に堪えぬ」

江田五月・元参院議長 江田五月・元参院議長

 平成21年に参院議長として民主党への政権交代を宣言した。政治家冥利(みょうり)に尽きる。慚愧(ざんき)に堪えないのは科学技術庁長官のときに、もうちょっと原発の安全神話を疑うべきだった。どんなことがあっても最後は緊急炉心冷却装置で、原発自身は死に絶えても暴走するようなことにはならないのだ、といわれた。そうだと思っていたら「3・11」で緊急炉心冷却装置が働かなかった。「何それ?」というね。慚愧に堪えない。

 議員生活40年を振り返り「こんな政治にするためにやってきたのではないぞ」との思いが強い。あまりに品格がなさ過ぎる。「われわれも…」ということではあるが、今の安倍晋三内閣はいけません。もっと緊張感を持って、しかし安定した、品格のある政治にしなければいけない。40年前の自民党議員はもうちょっと良かった。「人物」だったという気がしてならない。

「ニュース」のランキング