産経ニュース

【舛添知事辞職】「もう辞める身」最後の定例会見欠席 説明放棄

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添知事辞職】
「もう辞める身」最後の定例会見欠席 説明放棄

舛添要一知事が定例会見を欠席し空席が目立つ会見場=17日午後1時58分、東京都庁(寺河内美奈撮影) 舛添要一知事が定例会見を欠席し空席が目立つ会見場=17日午後1時58分、東京都庁(寺河内美奈撮影)

 千葉県木更津市のホテルに家族で宿泊し「客室で出版会社社長と会議をした」として会議費名目で政治資金を支出した問題では、最後まで社長の素性を明かさず批判が噴出。舛添氏は公表が可能かどうか、社長側と協議するとしていた。

 舛添氏が最後の定例会見を欠席したことで、こうした“約束”がほごにされる可能性が高まった。その上、公用車の送迎で問題化した神奈川県湯河原町の別荘売却など、「けじめ」のタイムスケジュールも明らかになっていない。

「最後ぐらい説明を」

 同様に「政治とカネ」の問題で辞職した猪瀬直樹前知事は、退任会見を自ら開催。不祥事について「詳しく説明してきたが、もし足りないなら説明を加えたい」とも語った。

 一方、舛添氏が15日の本会議で行った辞職のあいさつは3分足らず。疑惑についての説明は皆無だった。

 政治評論家の有馬晴海氏は「舛添氏は自らの不祥事が原因で2年余りで辞め、多額の税金が必要な選挙を招いた。最後ぐらいは説明を尽くし、けじめをつけるべきだ」と指摘した。

このニュースの写真

  • 「もう辞める身」最後の定例会見欠席 説明放棄

「ニュース」のランキング