産経ニュース

【都知事選候補】「ポスト舛添」に鈴木大地スポーツ庁長官が浮上 石原伸晃氏に蓮舫氏の名前も 「前向きに検討」と話す人はだれ?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【都知事選候補】
「ポスト舛添」に鈴木大地スポーツ庁長官が浮上 石原伸晃氏に蓮舫氏の名前も 「前向きに検討」と話す人はだれ?

会見を行う鈴木大地長官=東京都千代田区(寺河内美奈撮影) 会見を行う鈴木大地長官=東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

 舛添要一東京都知事の辞職決定を受け、後継候補選びで、2020年東京五輪・パラリンピックの「顔」になるとして、スポーツ庁の鈴木大地長官(49)が一部で浮上している。

 自民党執行部は当面、都連の議論を見守る。結論が出ない場合、都連会長の石原伸晃経済再生担当相(59)を推す意見が強まる可能性もある。公明党幹部は「まずは自民党が候補者を絞ってほしい。潔白な人が望ましい」。

 民進党では、蓮舫代表代行(48)らの具体名が挙がった。ただ蓮舫氏は参院選に出馬予定で、党本部との調整は難航も予想される。長妻昭代表代行(56)は自身の立候補を記者団に否定。保守系の長島昭久元防衛副大臣(54)には、与党側から出馬を促す声が出ている。野党側は、野党分断の狙いがあるとみて警戒している。前回知事選に出馬し落選した、元日弁連会長の弁護士宇都宮健児氏(69)は出馬を「前向きに検討している」と述べた。

「ニュース」のランキング