産経ニュース

【舛添知事辞職へ】「ルールに従っており問題ない」強気から一転、追い込まれ…そして、決断

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添知事辞職へ】
「ルールに従っており問題ない」強気から一転、追い込まれ…そして、決断

【舛添要一都知事】都庁に入る舛添要一東京都知事=15日午前、東京都新宿区(古厩正樹撮影) 【舛添要一都知事】都庁に入る舛添要一東京都知事=15日午前、東京都新宿区(古厩正樹撮影)

 「ルールに従っており問題ない」。公用車でほぼ毎週末、別荘に通っていた問題などで批判を集めながらも、強気の発言で反論を続けていた舛添要一知事。給与の全額返上などのカードを切り、リオデジャネイロ五輪・パラリンピックが開かれる8~9月までの“延命”を模索していたが、都議会による不信任決議案提出を受けて、辞職の決断を余儀なくされた。

 15日午前9時半ごろ、都庁に登庁した舛添氏は固い表情で報道陣の前を足早に去った。報道陣の問いかけには無言だった。

 14日夕の都議会議会運営委員会理事会で、「今すぐ辞めたいという思いはあるが、ここまで耐えてきたのはリオ五輪で東京を笑いものにしたくないからだ」と述べ、涙ぐんだ。不信任案が可決すれば辞職か、議会解散の選択を求められる。リオ五輪の時期と重なる事態を避けるため、9月までの先送りを直訴していた。

 しかし、15日未明、議運に提出された不信任決議案は「知事自身の一連の問題が都政の停滞や混乱を生じさせており、信頼回復はもはや不可能であると判断せざるを得ない」と断じた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ルールに従っており問題ない」強気から一転、追い込まれ…そして、決断
  • 「ルールに従っており問題ない」強気から一転、追い込まれ…そして、決断
  • 「ルールに従っており問題ない」強気から一転、追い込まれ…そして、決断
  • 「ルールに従っており問題ない」強気から一転、追い込まれ…そして、決断
  • 「ルールに従っており問題ない」強気から一転、追い込まれ…そして、決断
  • 「ルールに従っており問題ない」強気から一転、追い込まれ…そして、決断
  • 「ルールに従っており問題ない」強気から一転、追い込まれ…そして、決断
  • 「ルールに従っており問題ない」強気から一転、追い込まれ…そして、決断

「ニュース」のランキング