産経ニュース

【舛添氏公私混同疑惑】「選挙がリオ五輪に重なるので」 “延命”懇願に失笑

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添氏公私混同疑惑】
「選挙がリオ五輪に重なるので」 “延命”懇願に失笑

委員からの質疑に応える舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(春名中撮影) 委員からの質疑に応える舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(春名中撮影)

 「少しの猶予をいただきたい。全ての給与をご辞退し、全身全霊、都民のために働きたい」。13日、4時間にわたる都議会総務委員会の集中審議が終わる際、舛添氏は「委員長」と挙手し、議会側に不信任決議案提出先延ばしを懇願した。

 この日、自民党以外の5人が明確に辞職を求め、不信任案が可決されれば辞職か議会解散に伴う選挙が実施される。「(選挙が)リオ五輪に重なり、公益にそぐわない。この時期を猶予し、その上で都知事としてふさわしくないとご判断されたら、不信任案を出していただければ」。舛添氏の訴えに委員会室には失笑が広がった。

 代表質問や一般質問とは異なる一問一答形式で行われる集中審議。各党はフリップを使うなどしながら追及し、舛添氏が「資料がない」と返事に窮する場面もあった。公用車を使った別荘通いや、美術館・博物館に偏重した庁外視察など政治姿勢への批判には何度もうなずき、「しっかりと改めたい」と反省。

続きを読む

「ニュース」のランキング