産経ニュース

【舛添知事追及・集中審議(4)】美術館に偏る視察「バランス欠き、言い訳のしようない」 自民都議は「もはや異常値」「視察は趣味だった」と批判

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添知事追及・集中審議(4)】
美術館に偏る視察「バランス欠き、言い訳のしようない」 自民都議は「もはや異常値」「視察は趣味だった」と批判

総務委員会集中審議に臨む舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(春名中撮影) 総務委員会集中審議に臨む舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(春名中撮影)

 舛添氏「私の記憶が正しければ、ほとんど一人で行っていました。家族が来るときはほとんどありません。来るときはロマンスカーでした。帰りは、自分の車で帰るときは、問題ありませんので家族を乗せました。しかし、何度かですね、湯河原の施設から直接公務に行くときがありました。そういうときにも、当然、家族を乗せたことはありません」

 鈴木氏「湯河原に限らず、家族の同乗はなかったのか、改めて確認の答弁を求めます」

 舛添氏「例えば、知事として園遊会に家族と呼ばれる、それから東京にある外国の大使館から『家族と一緒に来てくれ』、それから文化鑑賞、芸術鑑賞、そういうときに家族とともに来てくれ、そういう招待を受けたときは家族と公用車を使いまして、知事としての仕事であると、認識したときは行っております」

 《舛添氏の答弁に対し、議場がどよめき、ヤジが飛んだ》

 鈴木氏「その他は一切なかったのですね」

 舛添「その通りでございます」

「ニュース」のランキング