産経ニュース

【舛添知事追及・集中審議(4)】美術館に偏る視察「バランス欠き、言い訳のしようない」 自民都議は「もはや異常値」「視察は趣味だった」と批判

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添知事追及・集中審議(4)】
美術館に偏る視察「バランス欠き、言い訳のしようない」 自民都議は「もはや異常値」「視察は趣味だった」と批判

総務委員会集中審議に臨む舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(春名中撮影) 総務委員会集中審議に臨む舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(春名中撮影)

 《政治資金の「公私混同」疑惑が指摘されている東京都の舛添要一知事を追及する都議会総務委員会の集中審議。鈴木隆道委員(自民)による質問が続いている。公用車の使用をめぐり質問が続く》

 《舛添氏は昨年から今年にかけての約1年間に40回超、都心から約100キロ離れた湯河原町の別荘まで公用車を使って訪れたことが明らかになっている。当初は「公用車は『動く知事室』だ」などと主張し、緊急時に備えるためにも、公用車は別荘通いに不可欠との認識を示していたが、5月9日、「今後は基本的に公用車は使わないようにしたい」と述べた。鈴木氏は公用車に家族の同乗はあったのかをただした》

 鈴木氏「改めて伺いますが。湯河原に公用車で行くときに家族の同乗は本当になかったのですか。会見で『湯河原には一人で行っていた。合流するときはロマンスカーに乗っていた』と言っていました。帰るときは(家族を)乗せたときはなかったのか、正直に答えてください」

「ニュース」のランキング