産経ニュース

【2016参院選】生活・小沢一郎代表、師匠・田中角栄元首相のお膝元・長岡で痛恨のミス「新潟は北陸最大の県」 共演の共産・志位和夫委員長は「安倍首相は悪口言い歩いている」と非難

ニュース 政治

記事詳細

更新

【2016参院選】
生活・小沢一郎代表、師匠・田中角栄元首相のお膝元・長岡で痛恨のミス「新潟は北陸最大の県」 共演の共産・志位和夫委員長は「安倍首相は悪口言い歩いている」と非難

野党統一候補応援の演説を行う生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表(左)と共産党の志位和夫委員長=8日夕、新潟県長岡市(酒井充撮影) 野党統一候補応援の演説を行う生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表(左)と共産党の志位和夫委員長=8日夕、新潟県長岡市(酒井充撮影)

 一言でいうと、憲法を憲法でなくしてしまう。憲法によって権力を縛るのではなく、憲法によって国民の皆さんを縛り付ける。こういう変質をはかろうとしている。皆さん、許せませんね。独裁と戦争への道、許せません! 安倍改憲、断固ストップの願いは、どうか森裕子さんに託してください。よろしくお願いいたします。

 最後に一言。安倍首相は野党共闘に危機感を燃やして、いろんな悪口を毎日のように言っている。安保条約や自衛隊で政策が異なる政党が選挙協力をやっていることは許せないということを言い歩いている。私は別に安倍さんに許してもらう、許しを請うつもりはないが、許せないと言っている。しかし野党は、安保法制廃止と立憲主義を取り戻すという大義のもとに結束している。そして立憲主義を取り戻すというのは、憲法を守る政治を取り戻すということだ。当たり前のことじゃないですか。たとえ政策に違いがあったとしても、それを横に置いてでも最優先でやらなければならない仕事ではないか。

 だから共産党は安保条約や自衛隊の共産党独自の政策を野党共闘に持ち込むことはしないということを最初からはっきり宣言している。にもかかわらず、そういう悪口を言えば、野党共闘がなんとかなるというのは考え違いだということをはっきり申し上げたい

 許せないっつうんだったらね、憲法を破って、立憲主義を壊して、安保法制を強行した安倍政権こそ許せない。安倍政権を倒そうじゃないですか! みんなで力を合わせて森裕子さんを必ず押し上げようではないか。共産党も勝つために必要なことはなんでもやる決意でがんばり抜くことをお誓いして、私の訴えとさせていただく。

続きを読む

「ニュース」のランキング