産経ニュース

【舛添氏公私混同疑惑】舛添氏の記者会見始まる 政治資金での美術書や美術品購入「違法ではない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添氏公私混同疑惑】
舛添氏の記者会見始まる 政治資金での美術書や美術品購入「違法ではない」

政治資金問題について会見する舛添要一都知事=6日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影) 政治資金問題について会見する舛添要一都知事=6日午後、東京都新宿区(山崎冬紘撮影)

 政治資金の「公私混同」疑惑について、東京都の舛添要一知事の記者会見が6日午後4時から都庁で始まった。調査を担った弁護士は、元東京地検特捜部副部長の佐々木善三氏と元検事の森本哲也氏の2人であることを公表した。

 佐々木氏は資金管理団体への寄付は「問題なし」と結論。また、事務所の賃料に関する指摘は「割高とはいえない」と説明。政治資金での美術書の購入や美術品の購入について「知識を政治活動に生かすために、不適切でも違法でもない」などと話した。

 舛添氏は会見に先立ち、都議会の正副議長や各会派の幹事長に報告した。会合は冒頭のみ報道陣に公開された。都議会議会運営委員会室の円卓に、都議に向かい合う形で座った舛添氏は、眉根を寄せたかたい表情で机の上に置いた書類に目を落とし、身じろぎもしなかった。

 この日の会見で、知事は会見で続投する意向を表明する考え。

 

このニュースの写真

  • 舛添氏の記者会見始まる 政治資金での美術書や美術品購入「違法ではない」

「ニュース」のランキング