産経ニュース

「骨太」「1億総活躍」「日本再興戦略」閣議決定 実行力と財源は…

ニュース 政治

記事詳細

更新


「骨太」「1億総活躍」「日本再興戦略」閣議決定 実行力と財源は…

繰り上げ閣議に臨む、(左から)石原伸晃経済再生担当相、安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相=2日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影) 繰り上げ閣議に臨む、(左から)石原伸晃経済再生担当相、安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相=2日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 政府が2日閣議決定した骨太方針とニッポン1億総活躍プラン、日本再興戦略には、「名目国内総生産(GDP)600兆円」「希望出生率1.8」「介護離職ゼロ」実現に向けた意欲的な政策メニューが並んだ。規制緩和が進まなければ企業の投資意欲は引き出せない。一方、消費税増税を再延期することにより財政健全化は危うさが増す。確実にメニューを実行させ、財源を引き出せるかが安倍晋三政権の課題になる。(山口暢彦)

 安倍首相は、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議で、骨太方針などに関し「『経済再生なくして財政健全化なし』との基本方針に変わりはない」と強調した。

 政策の実現に必要なのは、民間企業の協力だ。政府が成長分野と位置づける農業などの産業では、規制により民間企業の参入が阻まれ、活力がそがれているケースが多い。生産性の高い産業への人材集中を可能にする「雇用流動化」などの改革も道半ばだ。

 また骨太では、消費税増税を再延期するとしながら、平成32年度に国、地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を黒字化する財政健全化目標が堅持された。“差額”を埋めるための新たな財源は具体化されていない。

「ニュース」のランキング