産経ニュース

【2016参院選】与党、準備を本格化 公約作成に向け最終調整 公明はポスターも

ニュース 政治

記事詳細

更新

【2016参院選】
与党、準備を本格化 公約作成に向け最終調整 公明はポスターも

自民党政策審議会であいさつする稲田政調会長(中央)=2日午前、東京・永田町の党本部 自民党政策審議会であいさつする稲田政調会長(中央)=2日午前、東京・永田町の党本部

 自民、公明両党は2日、参院選に向けた準備を本格化させた。来年4月の消費税率10%への引き上げが2年半再延期されることを受けて公約の最終調整に着手、支持固めも急ぐ。

 自民党の稲田朋美政調会長は2日の政調審議会で、「優先順位をつけて財源を確保し、構造改革も加速化しながら責任政党としてしっかりとした公約を国民にお示しする」と述べ、消費税増税を再延期しても、社会保障の充実や財政健全化を図る方針を示した。

 政権公約は、安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」で経済を再生し、「1億総活躍社会」の実現を目指すことが柱。子育てや介護の支援を充実し、地方創生や国土強靱化も進める。3日の総務会で正式決定する予定だ。

 公明党はこの日、「希望が、ゆきわたる国へ。」をキャッチフレーズにした党の選挙用のポスターを2種類発表した。青空と黄色の背景に山口那津男代表を配した。今月中旬から全国で貼り出す。公約は9日前後の発表を目指す。

続きを読む

「ニュース」のランキング