産経ニュース

【消費税増税再延期】「党はなんのために存在するのか」 自民党総務会で村上誠一郎氏ら異論噴出 でも、参院選にらみ軟着陸?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【消費税増税再延期】
「党はなんのために存在するのか」 自民党総務会で村上誠一郎氏ら異論噴出 でも、参院選にらみ軟着陸?

自民党総務会に臨む(左から)茂木敏充選対委員長、高村正彦副総裁、二階俊博総務会長、谷垣禎一幹事長、稲田朋美政調会長=31日午前、国会内(斎藤良雄撮影) 自民党総務会に臨む(左から)茂木敏充選対委員長、高村正彦副総裁、二階俊博総務会長、谷垣禎一幹事長、稲田朋美政調会長=31日午前、国会内(斎藤良雄撮影)

 自民党は31日、来年4月に予定される消費税率10%への再増税を2年半延期するという安倍晋三首相の方針に沿って党内議論を始めた。党内には、増税を延期しながら参院選と衆院選の同日選を見送ることも合わせて不満がくすぶり、同日の総務会でも異論が出た。ただ、党内がゴタゴタすれば参院選にマイナスとなるため、軟着陸する見通しだ。

 「首相が言ったら全て従うのか。今後の見通しを示さないまま増税を見送って、誰が財政規律を体を張って守るのか。こんな自民党ではなかった」

 総務会でこう口火を切ったのは、財政規律派の急先鋒である村上誠一郎元行革担当相だ。村上氏は党税制調査会での議論などの必要なプロセスが省かれたことを挙げ「ある日突然、官邸から下りてきてこうだといわれても…。党がなんのために存在するのか」と声を荒らげた。

 さらには、消費税増税を先送りすれば、社会保障財源に穴が開き、財政健全化が遅れるとして、その道の重鎮から懸念が相次いだ。

「ニュース」のランキング