産経ニュース

野党4党 安倍内閣不信任案提出理由は3点 安保法制強行と憲法改悪、アベノミクス失敗、強権政治

ニュース 政治

記事詳細

更新


野党4党 安倍内閣不信任案提出理由は3点 安保法制強行と憲法改悪、アベノミクス失敗、強権政治

野党4党の党首会談に臨む(左から)生活の党の小沢共同代表、民進党の岡田代表、共産党の志位委員長、社民党の吉田党首=30日午後、国会 野党4党の党首会談に臨む(左から)生活の党の小沢共同代表、民進党の岡田代表、共産党の志位委員長、社民党の吉田党首=30日午後、国会

 民進、共産、社民、生活の野党4党は30日、国会内で党首会談を開き、安倍晋三内閣の不信任決議案を衆院に共同提出することを決めた。社民党の吉田忠智党首は会談後、記者団に31日に提出すると明言した。党首会談では、不信任案提出の理由として3点を確認した。確認項目の全文は次の通り。

 1.安保法制を強行成立させ、憲法改悪を推し進めることは、立憲主義と平和主義への重大な挑戦である。

 2.アベノミクスの失敗は、国民生活を破壊し、格差と貧困を拡大した。

 3.甘利前大臣の疑惑問題やTPP交渉に関する情報開示のあり方、また沖縄問題への対応など、国民の声に耳を傾けない強権的な政治である。

「ニュース」のランキング