産経ニュース

改正酒税法が成立 価格競争妨げのリスクも 適正な値引きと不当な安売りの線引きは? 制度設計にも課題

ニュース 政治

記事詳細

更新


改正酒税法が成立 価格競争妨げのリスクも 適正な値引きと不当な安売りの線引きは? 制度設計にも課題

参院本会議で酒税法改正案が可決され、一礼する麻生太郎財務相=27日午前、国会(斎藤良雄撮影) 参院本会議で酒税法改正案が可決され、一礼する麻生太郎財務相=27日午前、国会(斎藤良雄撮影)

 酒の行き過ぎた安売りに待ったをかける規制は、大手スーパーやディスカウント店などの安値攻勢で経営が苦しくなった「町の酒屋さん」を救済する狙いがある。だが、厳しい罰則を恐れて、業者が萎縮し、健全な価格競争まで妨げてしまうリスクもはらんでいる。

 「週末の値引きセールは今後気をつけないといけない」。小売業界の関係者は規制への警戒感を語る。

 安売り規制で罰則が科されるのは、仕入れ価格を下回るような酒の過度な安売りだ。大型店が大量に仕入れてコストを抑え、低価格で酒を販売する手法には何ら問題はない。

 しかし、従来なかった罰則が新設されるため、業者は酒の値付けに神経をとがらせざるを得ない。過度に意識され、全店値引きセールなどの際に酒だけ対象外とするような事態が生じれば、消費者が酒を安く買う機会を奪いかねない。

「ニュース」のランキング