産経ニュース

【伊勢志摩サミット】「危機回避へ全ての政策対応を行う」 世界経済で首脳宣言

ニュース 政治

記事詳細

更新

【伊勢志摩サミット】
「危機回避へ全ての政策対応を行う」 世界経済で首脳宣言

2日目の討議(セッション5)に臨むG7各国首脳。(手前左から時計回りに)安倍首相、フランスのオランド大統領、キャメロン英首相、カナダのトルドー首相、ユンケル欧州委員長、トゥスクEU大統領、イタリアのレンツィ首相、ドイツのメルケル首相、オバマ米大統領=27日午前、三重県志摩市の志摩観光ホテル  2日目の討議(セッション5)に臨むG7各国首脳。(手前左から時計回りに)安倍首相、フランスのオランド大統領、キャメロン英首相、カナダのトルドー首相、ユンケル欧州委員長、トゥスクEU大統領、イタリアのレンツィ首相、ドイツのメルケル首相、オバマ米大統領=27日午前、三重県志摩市の志摩観光ホテル 

 三重県志摩市で開かれている主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)は27日午前、「先進7カ国(G7)伊勢志摩首脳宣言」を採択した。最大の焦点となっていた世界経済の見通しについて「下方リスク高まってきている」として「新たな危機に陥ることを回避するため、適時に全ての政策対応を行う」との先進7カ国(G7)の決意を表明した。

 海洋安全保障については中国を名指しすることを避けつつも東シナ海と南シナ海の状況への懸念を表明。「自国の主張を通すために力や威圧を用いない」として仲裁を含む法的手続きを通じた紛争解決の重要性を再確認した。

 サミットは27日午後まで討議を続けた後、安倍晋三首相が議長会見して閉幕する。

 世界経済について首脳宣言はG7版の「3本の矢」として財政・金融政策、構造改革の役割を再確認。各国の状況に配慮しつつ、需要を強化するため、全ての政策手段を個別または総合的に用いるとした。

「ニュース」のランキング