産経ニュース

【伊勢志摩サミット】「断固抗議」「深く遺憾」 日米首脳、沖縄・女性遺棄事件に大半の時間割く

ニュース 政治

記事詳細

更新

【伊勢志摩サミット】
「断固抗議」「深く遺憾」 日米首脳、沖縄・女性遺棄事件に大半の時間割く

共同記者会見に臨む米国のオバマ大統領(左)と安倍晋三首相=25日午後、三重県志摩市(代表撮影) 共同記者会見に臨む米国のオバマ大統領(左)と安倍晋三首相=25日午後、三重県志摩市(代表撮影)

 「断固として抗議する」「深く遺憾の意を表明する」-。25日夜の日米首脳会談に続いて行われた安倍晋三首相とオバマ米大統領の共同記者会見で、日米両首脳は沖縄県で起きた女性遺体遺棄事件について多くの時間を割いて、遺憾の意と今後の日米同盟についての考えを示した。

 午後10時43分から、三重県志摩市のホテルで始まった記者会見。安倍首相とオバマ氏は、サミット前のリラックスした雰囲気とはほど遠い、硬い表情で記者会見場に姿を見せた。

 「日本の総理大臣として断固抗議した」。強い口調で会見を切り出した安倍首相は、傍らのオバマ氏に視線を投げることなく「身勝手で卑劣極まりない行為」「被害者の恐怖と無念さを思うと言葉もない」と事件を厳しく非難した。

 これに対し、オバマ氏は犠牲となった女性に遺憾の意を示し、「米国は捜査に全面的に協力する」と述べた。日米地位協定の見直しについて質問が飛んだが、「日本の人々を震撼(しんかん)させた恐ろしい事件。決して許せない。再発しないよう全ての努力をする」「日米地位協定は刑事責任の追及を妨げるものではない」と説明するにとどめた。

 終始落ち着き、ゆっくりとした口調で説明を続けたオバマ氏は、別の質問に対する答えの中で自ら沖縄の事件に話題を戻してコメントするなど多くの時間を割き、米国が事件に強い関心を寄せている姿勢をアピールした。

 27日に予定されている広島訪問では、平和記念公園に被爆者4人と長崎県知事、長崎市長が立ち会うことが分かった。会見で「戦争が苦しみを伴うものであることに改めて思いをはせたい」と抱負を述べたオバマ氏は、約1時間に及んだ記者会見の最後に安倍首相と控えめに握手をし、会見を終えた。

「ニュース」のランキング