産経ニュース

野党4党が党首会談 内閣不信案提出検討を確認 消費増税先送りでも一致

ニュース 政治

記事詳細

更新


野党4党が党首会談 内閣不信案提出検討を確認 消費増税先送りでも一致

野党党首会談に臨む(左から)生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表、民進党の岡田克也代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の吉田忠智党首=19日午前、国会内(斎藤良雄撮影) 野党党首会談に臨む(左から)生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表、民進党の岡田克也代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の吉田忠智党首=19日午前、国会内(斎藤良雄撮影)

 民進、共産、社民、生活の4野党の党首は19日午前、国会内で会談し、6月1日に会期末に合わせ、安倍晋三内閣の不信任決議案の共同提出を検討することで一致した。民進党の岡田克也代表が18日の党首討論で、来年4月の消費税率10%への引き上げの先送りを初めて明言したことを受け、増税反対でも連携することを確認した。

 会談ではこのほか、夏の参院選で全国で32ある「1人区」で進めている野党候補の一本化が事実上29選挙区で実現できたことが報告された。残り3選挙区でも一本化を実現し、勝利を目指す方針を確認した。また、次期衆院選で「できる限りの協力を行い、具体化を加速する」ことにも合意した。

 野党党首の会談は2月19日以来で、民進党が3月末に発足してからは初めてとなった。

 一方、菅義偉官房長官は19日午前の記者会見で、4野党が安倍晋三内閣に対する不信任決議案の共同提出の検討で一致したことについて「コメントは全くない」と述べた。

「ニュース」のランキング