産経ニュース

ニュース 政治

記事詳細

更新


堀内光雄元通産相が死去

 死去した堀内光雄氏  死去した堀内光雄氏

 元自民党衆院議員で通産相や同党総務会長を歴任した堀内光雄(ほりうち・みつお)氏が17日、間質性肺炎のため、東京都内の病院で死去した。86歳。山梨県出身。葬儀・告別式の日程は未定。

 富士急行社長を経て、昭和51年の衆院選に旧山梨全県区から立候補し初当選。以後10回当選し、平成元年の宇野宗佑内閣で労相として初入閣し、9年に第2次橋本龍太郎改造内閣で通産相に就任。退任後は旧石油公団改革にも取り組んだ。

 12年に森喜朗首相(当時)の退陣を求めた「加藤の乱」で加藤派(宏池会)が分裂すると、加藤紘一会長に反発する議員らと堀内派を結成し会長に就いた。

 小泉純一郎政権では自民党総務会長も務めたが、17年に郵政民営化法の衆院本会議採決で反対票を投じて造反した。21年衆院選で落選し、政界を引退した。

 堀内詔子衆院議員は長男の妻。

「ニュース」のランキング